【遊戯王 情報/考察】しゅがーの遊戯王ブログ

遊戯王OCGの情報、カード考察、オススメカードを紹介!

【遊戯王】《禁じられた一滴》がROTD新規収録!《失楽の聖女》の転落人生シリーズが再び……

 

新規公開されたRISE OF DUELIST収録カード《禁じられた一滴》を紹介します!

 

f:id:karakuri-napori:20200325110003j:plain

【速攻魔法】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・フィールドから、このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。
このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

 

 

 

1.新たな新たな「禁じられた」魔法カード

《禁じられた聖杯》から始まった「禁じられた」速攻魔法カードの新規カードです。

「禁じられた」速攻魔法カードに属することで、《失楽の魔女》の効果でサーチ可能になっています。

 

《失楽の魔女》

f:id:karakuri-napori:20200325111518p:plain

星4 闇属性【天使族/効果】

ATK 100 / DEF 2000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「禁じられた」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
②:相手メインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。デッキから「失楽の魔女」以外の天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

2.《失楽の魔女》と一緒に効果を活かそう

 

《禁じられた一滴》は、手札・フィールドから墓地へ送った種類のカードと同じ種類のカードを相手に発動させないという《超融合》に近い効果を持っています。

 

折角なので、モンスター・魔法・罠をうまく揃えながら発動したいところ。

 

《禁じられた一滴》自体は前の項で紹介した通り《失楽の魔女》でサーチできるため、その時点で墓地へ送るモンスターは確保できています。

 

そこで《失楽の魔女》の②効果から特殊召喚できる星4天使族モンスターから魔法・罠カードをすぐに確保できるカードを紹介します!

 

《シンデレラ》

f:id:karakuri-napori:20200325113821j:plain

星4 光属性【天使族/効果】

ATK 300 / DEF 600

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「カボチャの馬車」1体を特殊召喚する。フィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在する場合、さらにデッキから「ガラスの靴」1枚をこのカードに装備できる。

②:このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時、このカードに装備されている「ガラスの靴」1枚と、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その「ガラスの靴」をそのモンスターに装備する。

 

 特殊召喚するだけで《カボチャの馬車》特殊召喚《禁じられた一滴》で墓地へ送るカード枚数を水増しします。

さらに《シュトロームベルクの金の城》があれば装備魔法カードである《ガラスの靴》を直接装備できるため、《カボチャの馬車》と合わせてモンスター・魔法の効果発動を相手に封じながら《禁じられた一滴》が発動できます。

 

《シュトロームベルクの金の城》を前提とする場合、《失楽の魔女》に依存しなくてもデッキから特殊召喚して自ターン中に《禁じられた一滴》の準備をしておくことも出来ます。

 

《王の影 ロプトル》

f:id:karakuri-napori:20200325114616j:plain

星4 炎属性【天使族/効果】

ATK 1500 / DEF 1500

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「王の影 ロプトル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターの攻撃力・守備力は相手ターンの間1000アップする。

③:自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスター1体をリリースして発動できる。そのモンスターとはカード名が異なるレベル9の「ジェネレイド」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

このカード単体では魔法・罠カードを準備することはできませんが、③効果によって《光の王 マルデル》特殊召喚することで《王の舞台》などの魔法カードや《王の急襲》などの罠カードがサーチできるため、状況に応じて《禁じられた一滴》で止めたいものと同じ種類のカードを手札に加えることができます。

 

こちらも《シンデレラ》同様、《失楽の魔女》以外にも《王の舞台》という特殊召喚手段を持っているので扱いやすいカードです。

 

 

 

3.終わりに

 

新カード《禁じられた一滴》の紹介でした。

 

今回紹介した、1枚からモンスター・魔法・罠カードを調達するような使い方の他にも、自分フィールド・手札枚数の調整に使ったりと色々な使い方が出来そうな面白いカードだなと感じています。

 

モンスター数の調整が容易かつ、効果無効・打点半減がエンドフェイズまでである点を活かして《スウィッチヒーロー》と組み合わせるのも面白そうだなーと思います。

 

《スウィッチヒーロー》

f:id:karakuri-napori:20200325120318p:plain

【通常罠】

①:お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合、そのモンスターのコントロールを全て入れ替える。

 

 

●ブログ用アカウント

twitter.com

 

●個人アカウント(うるさい)

twitter.com