【遊戯王 情報/考察】しゅがーの遊戯王ブログ

遊戯王OCGの情報、カード考察、オススメカードを紹介!

【遊戯王】《リターナブル瓶》がROTDで登場!発売前のカード評価!

 

RISE OF DUELIST収録が発表された永続罠《リターナブル瓶(ジャー)》を紹介します!

 

f:id:karakuri-napori:20200330101945j:plain

【永続罠】
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から罠カード1枚を除外して発動できる。そのカードとは元々のカード名が異なる罠カード1枚を自分の墓地から選んで手札に加える。

 

 

 

 

1.すべての罠カードを間接的にサーチ!

 

《バージェストマ・マーレラ》と組み合わせることで、全ての罠カードを間接的にサーチできます。

 

《バージェストマ・マーレラ》

f:id:karakuri-napori:20200330102759p:plain

【通常罠】

①:デッキから罠カード1枚を墓地へ送る。

②:罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。

 

このカードを発動するだけで、墓地に

・任意の罠カード

《バージェストマ・マーレラ》

の2枚が揃うので、《リターナブル瓶》のコストとして《バージェストマ・マーレラ》を除外することで、効果によって落とした任意の罠カードを手札に回収することができます。

 

同カテゴリ内には、除外されたカードを墓地へ戻すことの出来る《バージェストマ・レアンコイリア》も存在しています。

 

《バージェストマ・レアンコイリア》

f:id:karakuri-napori:20200330103358p:plain

【通常罠】

①:除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地に戻す。

②:罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。

 

組み合わせることで

1:《バージェストマ・マーレラ》

2:《バージェストマ・レアンコイリア》

3:2で墓地に戻した《バージェストマ・マーレラ》

の3回分コストとして使用できます。任意の罠カードを3回も再利用できれば、《リターナブル瓶》の役割としては十分でしょう。

 

2の段階で墓地に戻した《バージェストマ・マーレラ》《バージェストマ・レアンコイリア》をコストにして手札に回収しておくことで、再度《バージェストマ・マーレラ》を発動し、もう1枚任意の罠カードを墓地へ送って2種類の罠カードを使い分けることも可能です。

 

 

2.コストによる除外に意味を作ろう!

 

《メタファイズアセンションは大量にある罠カードの中で唯一、自身が除外されることによって効果が発動する罠カードです。

 

《メタファイズアセンション

f:id:karakuri-napori:20200330104427j:plain

【通常罠】

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:手札から「メタファイズ」カード1枚を捨てて発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、デッキから「メタファイズ」モンスター1体を除外できる。

②:このカードが除外された場合に発動できる。デッキから「メタファイズアセンション」以外の「メタファイズ」カード1枚を手札に加える。

 

コストで除外することで「メタファイズ」カードをサーチ、《リターナブル瓶》の効果で墓地の罠回収と2枚の手札を増やすことができます。

 

オシリスの天空竜《天穹覇龍ドラゴアセンション《飢鰐竜アーケティス》のような、手札の枚数が攻撃力に直接影響するタイプのカードを使う際に、手札増加手段として入れておくのもありかもしれません。

 

同カテゴリ内の《メタファイズ・ディメンション》の②効果のトリガーは、場所を問わず「メタファイズ」カードが除外される事なので、《リターナブル瓶》《メタファイズアセンションを除外する動きに相手カード1枚の除外が付いてきます。

 

《メタファイズ・ディメンション》 

f:id:karakuri-napori:20200330105050p:plain

【永続罠】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、除外されている自分の「メタファイズ」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。

②:このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、このカード以外の自分の「メタファイズ」カードが除外された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

 

 前項で紹介した《バージェストマ・マーレラ》と組み合わせることで、この2枚を回収できます。

 

1:《バージェストマ・マーレラ》《メタファイズアセンションを墓地へ送る。

2:《リターナブル瓶》効果で《メタファイズアセンションを除外して《バージェストマ・マーレラ》を回収。

3:《メタファイズアセンション効果で《メタファイズ・ディメンション》を手札に加える。

4:《バージェストマ・マーレラ》効果で《バージェストマ・レアンコイリア》を墓地へ送る(《メタファイズアセンションの再利用)。

 

 

3.総合評価は……

 

個人的にはこのカードは「いいカードだけど、使うにはちょっと微妙だよね」という事前評価です。

 

●除外をきっかけに発動する罠カードが《メタファイズアセンションしかない為、「罠カードが除外されることに意味を見出す」のであれば《トラップトリック》の方が使いやすい。

 

●通常罠をサーチしたいのであれば《トラップトリック》《悪魔嬢リリス、再利用目当てであれば《悪魔嬢マリス》の方が使いやすそう。

 

●永続罠回収であれば、(条件付きではあるけど)サーチ可能である《覚醒の三幻魔》の方が安定した運用ができる。

 

大きくこの3点が、僕の中での評価を微妙にさせているポイントです。

 

序盤に紹介した「バージェストマ」を利用するコンボも、そこに特化したデッキ構築になってしまうので、肝心の《リターナブル瓶》が引けない場合のゲームメイクをよほどうまく仕立て上げないと、コンボが揃う事には負けてしまいそう。

 

複数枚採用すれば引く確率は高まりますが、その分複数枚被ってしまった場合のリスクが高まります。

 

これらのリスクを綺麗に補うことができれば、コントロール寄りのかなり強力なデッキになるのではないでしょうか。

 

 

4.終わりに

 

 

《リターナブル瓶》の発売前カード評価でした!

 

効果が面白く、良いカードであることに変わりはないので、発売後に良案が思いついたら是非使ってみたいカードですね。

 

ここ2年ほどで、これまでモンスターカードに比べて使いづらさがあった魔法・罠カードのサーチ・再利用がどんどん強化されているので、いつかそれらを主軸にしたコントロールデッキも組んでみたいと思います。

 

 それでは!

 

●ブログ用アカウント

twitter.com

 

●個人アカウント(うるさい)

twitter.com