【遊戯王 情報/考察】しゅがーの遊戯王ブログ

遊戯王OCGの情報、カード考察、オススメカードを紹介!

【遊戯王】自分デッキのほとんどを墓地送り!?これって何かに使えない?

 

今回は、TwitterのDMに「わらいながらおこるひと」さんから投稿していただいたコンボ案の紹介になります!

 

元々投稿者の方が使用していたデッキ案に、先日の《七精の解門》デッキエンジンを取り入れていただいた形になります!

 

sugar-deck.hatenablog.com

 

何やら「自分のデッキを大量に墓地へ送る」というコンボらしいですが…早速見ていきましょう!

 

 

 

1.大量墓地肥しの主役!

 

コンボの中核を担うのは《サイバース・クロック・ドラゴン》

 

《サイバース・クロック・ドラゴン》

f:id:karakuri-napori:20200402113527p:plain

星8 闇属性【サイバース族/融合/効果】

ATK 2500 / DEF 2000

「クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上
①:このカードの融合召喚成功時に発動できる。その素材のリンクマーカーの合計分だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。次のターンの終了時まで、他の自分のモンスターは攻撃できず、このカードの攻撃力はこの効果で墓地へ送った数×1000アップする。

②:自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、自分フィールドの他のモンスターを、相手は攻撃・効果の対象にできない。

③:融合召喚したこのカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

 

このカード効果、実はどれにも名称ターン1が付いていないので、1ターンに何度も出すことができればその分墓地肥しに繋がるんですね。

 

では、実際に紹介して頂いたルートの紹介です!

 

 

2.コンボルートの紹介!

 

各段階の末尾に、その時減った合計のデッキ枚数を記載していきます!

 

Step 0 : 《ライトロード・ドミニオン キュリオス》のリンク召喚

 

まずは《ライトロード・ドミニオン キュリオス》をリンク召喚する必要があるのですが、その部分は上記リンクの《七精の解門》紹介記事に記載のルートを参照ください!

 

 

Step 1: 1体目の《サイバース・クロック・ドラゴン》融合召喚

 

1:Step 0で《ライトロード・ドミニオン キュリオス》をリンク召喚。効果で《亡龍の戦慄-デストルドーを墓地へ(デッキ-1)。

2:《ライトロード・ドミニオン キュリオス》効果でデッキトップから3枚を墓地へ(デッキ-4)。

3:《ライトロード・ドミニオン キュリオス》1体で《リンクロス》をリンク召喚。効果によってリンクトークンを3体特殊召喚

4:リンクトークンを対象に《亡龍の戦慄-デストルドー特殊召喚(☆6)。

5:《リンクロス》 +《亡龍の戦慄-デストルドー《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚。効果で《幻獣機オライオン》特殊召喚

《亡龍の戦慄-デストルドーがデッキに戻るが、デッキから《幻獣機オライオン》特殊召喚されるので、デッキ枚数の増減なし。

6:《幻獣機オライオン》+リンクトークン(1体目)で《武力の軍奏》をS召喚。《幻獣機オライオン》の効果で幻獣機トークンを特殊召喚《武力の軍奏》効果でS素材とした《幻獣機オライオン》を墓地から特殊召喚

7:《武力の軍奏》+幻獣機トークンで《ドロドロゴン》をS召喚。

8:《幻獣機オライオン》+リンクトークン(2体目)で《サイバース・インテグレーター》をS召喚。

9:《ドロドロゴン》②効果を発動。《ドロドロゴン》+《水晶機巧-ハリファイバー》《サイバース・クロック・ドラゴン》融合召喚(デッキ-6)。

 

★デッキを減らした枚数(中計):-6枚

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》 4枚

《サイバース・クロック・ドラゴン》 2枚

 

 

Step:2 ラストスパート!2体目の《サイバース・クロック・ドラゴン》

1:《サイバース・クロック・ドラゴン》+《サイバース・インテグレーター》《クロック・リザードをリンク召喚。《サイバース・インテグレーター》の効果で1ドロー(デッキ-7)。

 

《クロック・リザード

f:id:karakuri-napori:20200402121145p:plain

L2 闇属性【サイバース族/リンク/効果】

ATK 1200

マーカー:下・左下

サイバース族モンスター2体
①:このカードをリリースして発動できる。自分の墓地から融合モンスター1体を選んでEXデッキに戻す。その後、その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

②:墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターの攻撃力は、ターン終了時まで自分の墓地のサイバース族モンスターの数×400ダウンする。

 

 2:《クロック・リザードの効果で自身をリリースして、墓地の《サイバース・クロック・ドラゴン》をEXデッキに戻しながら再度《サイバース・クロック・ドラゴン》融合召喚。この時、墓地のリンクモンスターを全て融合素材にすることで、デッキの上から10枚を墓地へ送る(デッキ枚数-17)。

 

★融合素材とするリンクモンスター

《リンクリボーリンク1

サクリファイス・アニマ》リンク1

上記2体は《ライトロード・ドミニオン キュリオス》のリンク召喚ルートで使用。

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》リンク3

《リンクロス》リンク1

《水晶機巧-ハリファイバー》リンク2

《クロック・リザードリンク2

 

★デッキを減らした枚数(合計):17枚

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》 4枚

《サイバース・クロック・ドラゴン》 2枚

《サイバース・インテグレーター》 1枚

《サイバース・クロック・ドラゴン》 10枚

 

3.ここから応用していこう!

 

以上、コンボルートの紹介でした!

 

2体の《サイバース・クロック・ドラゴン》(+過程のデッキ操作)でデッキから合計17枚のカードが減り、初手の5枚と合わせると22枚のカードがデッキから消えたことになります!

 

40枚デッキであれば半分以上のカードが墓地に送られ、メインデッキの最大枚数まで増やした60枚のデッキでも1/3ものカードを墓地へ送れる計算になります。

 

かつて流行った《隣の芝刈り》相当の墓地肥し、といえばその異常さが伝わるでしょうか。

 

さらにここからの動きも…

 

コンボを投稿してくれた「わらいながらおこるひと」さんは、最後に《サイバース・クロック・ドラゴン》が場に残ることを利用して《幻魔皇ラビエル-天界蹂躙拳》を墓地から回収。

 

大量の墓地肥しで溜めておいた墓地の「インフェルノイド」モンスターを次々とコストに充てて「インフェルノイド」モンスターを展開していき、《幻魔皇ラビエル》 《幻魔皇ラビエル-天界蹂躙拳》で8,000の全体攻撃を叩き込むことを狙っているそうです!

 

《サイバース・クロック・ドラゴン》単体のワンショットでは相手のマストカウンターに滅法弱いところを、インフェルノイド・シャイターン》《インフェルノイド・ルキフグス》《インフェルノイド・ベルゼブル》《インフェルノイド・リリスを駆使して除去も兼ねながら展開していくとのこと。

 

デッキ全体で1つのコンボを狙う、という動き方は僕には出来ないタイプの構築だったので紹介いただいた内容を読むのが面白かったです!

 

 

しゅがー流にアレンジするなら…

 

先程も書いた通り、僕はあまりワンショット系の「デッキ全体を1つの動きに特化する」という構築が得意ではないので…

 

同じ動きで大量の墓地肥やしを行うのであれば《妖精伝姫-シラユキ》のコストを確保や「幻影騎士団」と「ファントム」魔法・罠カードに《電脳堺姫-娘々》を組み合わせた、墓地・除外リソースを中心とした長期戦デッキに仕上げるかもしれません。

 

墓地肥しの枚数がかなり多いので、様々な動きに応用できそうですね!

 

 

4.終わりに

 

というわけで今回は「わらいながらおこるひと」さん投稿の《サイバース・クロック・ドラゴン》活用、大量墓地肥しコンボ(勝手に命名)の紹介でした! 

 

引き続き、皆さんのコンボ案を募集しています!

 

僕と、ブログを読んでくださってる皆さんとで知識を共有して、よりデッキ構築を盛り上げていきましょう!

 

●ブログ用アカウント

twitter.com